初婚年齢の平均は?30代が婚活するときに知っておきたいこと|Marriage Party
HOME>トピックス>初婚年齢の平均は?30代が婚活するときに知っておきたいこと

目次

初婚年齢は上がっています

日本の初婚年齢は1947年男性26歳女性23歳でしたが、今は男性が31歳女性が29歳で、右肩上がりとなっています。男性の未婚率は、20代後半約73%、30代前半約47%となっていて、30代前半で結婚していない人は珍しくありません。女性の未婚率は、20代後半約61%、30代前半は約35%で、男性よりは未婚率が低いですが相当数いるのが現状です。このデーターから、男女共に30代からでも人生のパートナーを十分に探すことができると言え、この時期の婚活は特に重要だと言えます。

結婚をするのに最適

高校や大学で学んだ後新卒で企業に入社して、社会人として辛いことや悲しいことを経験しているのが、30代になります。30代になると主任や係長などの役職につく様になり、それに伴い月の給料やボーナスも上がり生活が安定します。この時期は生活の基盤が出来上がっているので、余計なストレスや衝突を感じることなく結婚生活を送れるので、婚活時期に向いています。

後回しにしない方がいい

30代後半になると未婚率が、男性約35%女性約24%になり、男女ともに40代になるとさらに未婚率は下がります。あとで後悔しないで済む結婚をするために、相手の性格や考えなどを十分に理解する必要があり、そのためには数年間必要になります。何人かと恋愛してから結婚することになる可能性を考えると、婚活する時期は思い立ったときに行動した方がいいでしょう。

正しい方法が大切

人生のパートナーを探す方法は数多くありますが、自分の考えや希望にあった方法を探すことが、まずは大切だと言えるでしょう。運命の出会いと言う言葉がありますが、その出会いは自分が積極的に行動することにより、引き寄せることができます。そのためには、30代の婚活に関する成功ノウハウを持っているプロに相談するのが、ベストな選択肢の一つだと言えます。

広告募集中